さんさんファームとは

理念・生い立ち

全国的に見られる遊休農地の増加や宅地化による農地の減少は、果樹栽培が盛んなここ長野県松川町でも深刻な問題となっています。

農地の減少は日本の食糧自給率向上を妨げる決定的要因となり、無秩序な開発は生産の妨げにつながるだけでなく、景観面でもマイナスになります。

「何とかしなければ」、という想いで、松川町の4件の農家が立ち上げた会社が「さんさんファーム」です。農地を借りて、養豚を行いその堆肥で果樹を育てる循環型有畜複合農業を目指しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

活動内容

現在、減農薬栽培による果物の生産とジュースなどの加工、それとこだわりを持った黒豚の飼育とその肉を使った無添加のソーセージやハムの加工・販売の2本柱で行っています。

地域活動

ソーセージ教室や出張バーベキュー、合宿の受け入れに地域のイベントでのソーセージの屋台販売など、地域の活動にも積極的に取り組んでいます。

森の家

事務所やソーセージの加工場がある活動拠点が「森の家」です。旧生田村の役場の建物を移築したものを借り受け、改装した建物です。少し寒いところですが、名前の通り木々に囲まれた良い環境にあります。

1430549423285

スタッフ

さんさんファームでは、地元はもちろん、県外から来て働いている人もいます。また、毎年海外から留学生を受け入れています。

staff